生理が来ないと何がいけない?〜女性ホルモンがないと老化が進む!

2019年7月6日

生理が来ないと何がいけない?〜女性ホルモンがないと老化が進む!

ダイエットをしていて、生理が止まってしまった方はいませんか?

私も経験者の一人です。

どのくらいダイエットをすると生理が止まってしまうのか、個人的な意見ではありますが、こちらにまとめてみました。(【経験談】ダイエットや糖質制限で生理が止まった!どうすればいい?

今回は、なぜ生理が止まってはいけないのかについて、まとめました。

毎月のわずらわしい生理がなくなるなら、色々と楽だし別にいいんじゃない?と考えている方に、読んでいただけたら嬉しいです。

無月経とはどんな状態?その原因は?

生理が止まっている状態とは

今までちゃんと来ていた生理が、3ヶ月以上ストップしてしまった状態は「無月経」と定義され、体に何らかの異常が起きている可能性を示します。

(もちろん妊娠中や授乳中のママさんや、閉経された女性は除きます)

その原因の一つとして、脳が女性ホルモンの分泌を指示しなくなることがが考えられます。

ダイエットで食事制限をハードに行ったり、激しい運動を行うアスリートの方などに起こるもので、運動で使うエネルギーの方が、食事から得られるエネルギーよりも、ずっと大きい場合になります。

その状態が続けば当然痩せますので、痩せている女性に起こりやすく、目安はBMI18.5未満の人は、それ以上に比べて無月経の確率が高くなっています。

生理が来ないとどうなるの?

生理が来ないと様々な不都合が起こるので注意!

では、生理が来ないと起こるとどうなるのでしょうか。

女性の体に起こる、様々な悪いことを紹介したいと思います。

シワが増える

女性ホルモンである「エストロゲン」は、肌の弾力や潤いを保つ役割を持っています。

生理が止まり、エストロゲンが分泌されないと、シワやたるみが増える原因となります。

骨密度が下がる

生理が来なくなると、骨密も下がってしまいます。

骨を作るためには、女性ホルモンである「エストロゲン」が必要です。

しかし、生理がストップしてホルモンが分泌されなくなると、新しい骨を作ることができません。

骨がもろくなってしまい、骨粗しょう症になるリスクが高まるのです。

高血圧や動脈硬化になりやすい

またエストロゲンは、血管を柔らかくする機能を持っています。

そのため、生理が止まってエストロゲンが分泌されなくなると、徐々に血管が硬くなってしまいます。

この血管が硬くなった状態が進むと動脈硬化となり、管が血液の量に合わせて伸び縮みできず、高血圧の原因になることもあります。

場合によっては、血流に耐えられず破裂したり、詰まったりということが起こりやすくなります。

これが心臓で起これば心筋梗塞ですし、頭で起こればや脳梗塞という、重大な病となるのです。

うつ気味になる

女性ホルモンの「エストロゲン」が減ると、脳内の神経伝達物質「セロトニン」も減ってしまうことがわかっています。

セロトニンは、人に安心感を与えたり、気持ちをリラックスさせる働きをするもの。

これが減ってしまうことによって、塞ぎ込んでしまったり、マイナス思考になったりと、うつのような症状になってしまうことがあります。

またセロトニンには、血管の収縮をコントロールしたり、痛みを抑えたりする作用もあります。

ですから減少すると痛みに敏感になり、頭痛も起こりやすくなる可能性があります。

生理を再開させるにはどうしたらいいの?

生理を再開させるために必要なこと

止まってしまった生理を復活させるには、先ほど述べたように「運動で使うエネルギーの方が、食事から得られるエネルギーよりも、ずっと大きい状態」を解消しなければなりません。

過剰な運動量を減らすか、食事量を増やして(もしくはバランスを見ながら、両方行って)、体重を増やしていくことが必要です。

一般的な標準体重の90%程度まで戻すのが目安と言われています。

大抵の場合は、それで回復することが多いそうですが、長い間生理が止まっていると、その分再開するにも時間がかかるようです。

心配な場合は、産婦人科の受診をされることをお勧めします。

くれぐれも生理がなくて楽だからいいや、と放置しないでくださいね。

まとめ

生理が来ないことによって起こる、女性の体の様々な不具合についてまとめました。

生理が止まる状態というのは、自然な場合は「閉経を迎えた時」、すなわち50歳前後です。

つまり生理が止まるということは、体が50歳くらいになるのと同じ状態になるというわけです。
(もちろん全ての機能がそうなるというわけではないのですが)

だから体に起こる色々な症状・・・これはつまり、老化が起こっているのと一緒で、生理が止まると起こる症状は、更年期障害の症状とほぼ同じなのです。

女性はいつまでも綺麗でいたいものですが、老化は避けられないもの。

でも自らそれを早めてしまってはもったいないです。

無理なダイエットをしている方は、美しさの基準は体重だけにあるわけではないことに気づいて欲しいな、と心から願っています。

私も生理を止めたことのある経験者です。
こちらもよろしければ、読んでみてくださいね。