【NHKあさイチ】簡単、靴の水虫撃退法!背中ニキビやまつげダニにも注意(6月5日)

2019年6月5日

【NHKあさイチ】水虫・背中ニキビ・まつげダニの最新予防法・撃退法(6月5日)

2019年6月5日(水)放送、NHK「あさイチ」は、体に潜むカビや菌の特集です。

梅雨になると気になるのが「カビ」や「菌」。

湿度が高いこの時期、あなたのカラダも、カビや菌にむしばまれてしまうかもしれません!

例えば、「水虫」。

ある調査によると、日本人の4人に1人が、自分では気づかないうちに水虫に感染しているそうなんです。

水虫の正体は、「白癬菌(はくせんきん)」というカビ。

足に付着することで、かゆみなどを引き起こします。

治すためには、薬で足のケアをすることに加え、靴に潜んだ白癬菌を退治することが大きなポイント。

家庭でできる水虫の撃退術を伝授します。

もうひとつ注意したいのが、背中や首回りにできる赤いブツブツ、通称「背中ニキビ」。

原因は、「マラセチア菌」というカビです。

マラセチア菌はふだんから人の体にくっついていますが、湿度が高くなったり免疫力が低下したりすると、ニキビに似た赤いブツブツができてしまうんです。

予防のポイントは、お風呂での洗い方。

カビの増殖を防ぐ理想的な洗い方とは!?

さらに、イヤなヤツは意外なところでも悪さをします。

まつ毛に潜む「まつげダニ」や、耳の穴で繁殖するカビまで!

体のあちこちに潜むカビや菌、微生物などが原因でおこる病気や症状について、誰でも簡単にできる予防法や治療法をお伝えします。

背中ニキビの症状と原因

背中,背中ニキビ

背中ニキビに悩むガンバレルーヤのよしこさんが、皮膚科医の齋藤真理子さんを訪ねました。

夏場になると特に増えるのだそう。

背中や胸にできるニキビの原因は、「マラセチア菌」という真菌、いわゆるカビであることが高いです。

首から下に多く潜む菌で、普段は気にすることはないのですが、気温や湿度が高かったり、免疫が低下すると、カビが増えて、赤いぶつぶつになってしまうのです!

マラセチア菌を増やす原因となる生活習慣は?

よしこさんは普段リュックを背負っていて、背中にものすごく汗をかきます。

何時間もそれで移動すると、カビの温床になるとか。

暑い時期の長時間のリュックは、背中の蒸れの原因となるので、なるべく避けましょう。

汗をかいたら、こまめにふいたり、換気をするのが理想です。

またタオルで体を洗っているよしこさんですが、それもやめたほうがいいとのこと。

タオルでゴシゴシ洗うことで皮膚に傷がつき、カビが発生しやすい環境になります。

お風呂で体を洗う順番も大切で、体より先に頭を洗うことが大切。

なぜなら、シャンプーやリンスの洗い残しが肌に残り、毛穴を詰まらせて、カビを発生しやすくするから。

背中ニキビの注意点

背中ニキビの注意するべき点は、自然治癒しないということ。

放っておいても治らないし、どんどん悪くなることも。

もしもなったら、まずは1週間様子を見ましょう。(カビが原因でなければ良くなることが多い)

改善しなければ皮膚科へ行って診断をもらい、薬をもらってください。

良くなるためには数ヶ月かかることが多いです。

夏に間に合わせるためには、気になる背中ニキビがある人は、すぐに皮膚科へ行きましょう。

 

水虫の症状と原因

足,水虫,白癬菌,

水虫は、「白癬(はくせん)」というカビの一種によっておこる感染症です。

皮膚科医の仲 弥さんによると、日本全国3万4千人の足を調べたところ、4人に1人は隠れ水虫だとか!?

自分が水虫だと気付かず、放置してしまう人も多く、そうすると最近感染を引き起こして、足がパンパンに腫れたり、赤くなったりすることもあるんです。

場合によっては歩けなくなって、入院という自体にも!

糖尿病の方は、足の壊死や切断まで招くことがあるので、注意してください。

かかとがガサガサしていたり、足の爪が黄色や白に変色していたら、水虫の可能性ありです。

皮膚科に来ていた女性は、かゆみがなくて気付かず、放置してしまったそう。

水虫はどうやって発症するのか

水虫の原因である水虫菌(白癬菌)はカビの一種で、なかなかしつこいカビです。

家族の誰かが水虫だった場合、歩いた場所には水虫菌が残ります。

菌だけなら乾燥して死滅してしまうのですが、垢と一緒だと栄養を吸収し続け、1年も生きることがあるんです!

専門家によると、靴下を履いていても、繊維の隙間をすり抜けてしまうんですって。

ただし水虫菌を踏んでしまったからといって、すぐに皮膚の中に入るわけではありません。

ゆっくり菌糸を出して、角質を溶かして、奥に入って行くのに、24時間かかると言われています。

しかし足の皮がむけたり、傷ついていたりすると、12時間程度で侵入することも。

水虫菌が入ってくると、異変に気付いた免疫細胞が働くので、この時にかゆみが生じたり皮が剥けたり、水ぶくれが出るという症状が現れるんですね。

これは初期症状で、これを放置していると水虫菌がいることが当たり前になり、免疫細胞が働かなくなります。

するとかかとや爪の、硬くて本来入ってこない部分まで菌が入り、水虫となってしまいます。

女性が気をつけたい水虫のポイント

女性がよく履くハイヒールやブーツなどの靴は、これらは白癬菌が成長しやすい環境なので、気をつけて。

ハイヒールなどの先が細い靴は、指と指の間が狭くなり、足が汗をかきやすくなります。

すると湿度があがり、水虫菌の増えやすい状態に。

またブーツは通気性が悪いので、同じく湿度が上がりやすくなるのです。

水虫を防ぐ簡単な予防策

まずは水虫菌がついたら、24時間以内に足を洗うということ。

洗いかたは、石鹸で優しく洗うことで十分だそうです。

ゴシゴシと洗ってしまうと、逆に傷つけてしまうので、注意してください。

家族や来客から水虫をうつされないようにするには

まず気をつけたいのがお風呂の足拭きマット

その対策はシンプルで、こまめに洗ってきちんと乾燥すること。

珪藻土のマットは、ちゃんと使えている状態なら問題なし。

すでに家族の誰かが水虫とわかっているなら、足拭きマットは別々に用意しましょう。

そしてスリッパを履いてもらうようにしてください。

ただし洗濯は一緒でも大丈夫!

また部屋の床掃除を頻繁に行いましょう。

水虫菌やその餌となるアカは、掃除機で吸い取ることができます。

掃除機の後、フロアワイパーなどでモップがけすると、さらに効果がアップ!

水虫は靴に注意!

気をつけたいのは、靴の中の水虫。

帝京大学医真菌研究センターの安部茂さんによると、靴の中に水虫菌が住んでいることが多いそうです。

特に先端部分や縫い目の隙間などに住んでいます。

そして1年以上生きている水虫金は、除菌が難しくなっています。

どうやって対処したら良いのでしょうか。

簡単!靴の中の水虫菌撃退法

まずスニーカーなどの水洗いできるものは、石鹸で綺麗に洗って、よく乾燥させましょう。

洗剤成分に水虫菌は比較的弱いので、触れるだけでいいのだそうです。

水洗いできない靴には、レモングラスの精油を使います。

やり方は、まずティッシュ2枚を軽く丸めて、そこにレモングラスの精油を1滴垂らします。

この時、液体が肌に触れないようにしましょう。

それを靴の中に入れて、アルミホイルで蓋をしたら完成。

ティッシュは押し込まずに靴の中ほどに置くのがポイント!

レモングラスは靴の中で気体になり、靴全体に行き渡りやすくなります。

ヒールが高い靴の場合は、かかとにティッシュをおきましょう。

レモングラスの気体は、空気より重いので、下の方に流れる性質があるからです。

ティッシュは一晩置いておけばよく、靴の匂いも軽減するプラス効果も。

スリッパの場合は、ビニール袋に入れて一緒にティッシュを入れればOK!

この時、袋にレモングラスオイルがつかないように気をつけましょう。

靴の履き方で水虫対策

靴は2-3足をローテーションして履くのが吉。

また、同じ靴を8時間以上履くと、水虫のリスクが高くなりますので、職場についたらサンダルに履き替えるなどしてみてください。

市販の水虫薬を使うときの注意

水虫が発症した時、市販の薬を塗って、かゆみなどが落ち着くと、それで治ったと考える方がが多いですが、それは間違い。

そのまま放置して再発したり、爪に入り込んで症状が悪化することも。

たとえ症状が治まっても、1ヶ月は薬を塗り続けてください。

塗ってすぐ治るのは、表面の菌を退治したから。

しかし皮膚の奥にはまだ菌が残っている可能性があり、奥の菌が外に出てくるまで1ヶ月は塗り続けましょう。

また薬の塗り方は、広めに塗るのがコツ。

症状がないところも含めて、広く塗っておきましょう。

まばらに皮が剥けているなどしているときは、足の裏全体に塗った方がいいそうです。

爪やかかとが水虫になったら、塗り薬は聞かず、飲み薬が必要です。

人によっては肝臓に負担がかかることもあるので、必ず医師の指示を仰ぎましょう。

耳の中のカビに注意

耳鼻咽喉科医の生井明浩先生によると、外耳道真菌症という、耳の穴の中のカビにも注意です!

ほおっておくと耳の穴を塞ぎ、強い痛みが出ることも。

このカビの原因になるのが、イヤホン。

いつも耳を湿った状態にしてしまうので、傷ついて菌が入りやすくなってしまうのです。

イヤホンを1時間以上つける方はご注意!
時々耳から外したり、1時間以下に使用を抑えるようにしましょう。

イヤホンを強く押し込んだり、耳かきをして耳を傷つけない要注意。

女性が多い傾向にあり、特に中年女性多いそう。

なってしまった場合は、耳鼻咽喉科で塗り薬を処方してもらいましょう。

完治までは数ヶ月かかるそうです。

他にも頭、手、股間などいろいろなところにカビは生え、特に怖いのは鼻にできるカビ。

副鼻腔真菌症といって、鼻の奥から脳に入って、死亡するケースもあるそうです!

まつげダニにご注意

まつげダニという、まつげに住むダニをご存知ですか。

大きさは約0.4mm程度、成人の顔にはほぼ100%います。

顔の中でも、まつげの根元を好んで集まる性質があります。

まつげダニ自身が悪さをしているということは今の所ないそうですが、まつげダニがいる場合は雑菌も一緒にいることが多いのだとか。

だから肌の健康や肌荒れなどの一つのバロメーターになるんです。

まつげダニは、男性より女性の方がちょっと数が多いと言われています。

目の周りに化粧などで触れるからとも言われていますが、原因はよくわかっていません。

メイクの落とし忘れは炎症の原因になりますので、普段から気をつけましょう。

眼科医の加治優一さんによると、まつげダニは肌と肌が触れあうことによってうつります。

アレルギーの原因になるようなものではありません。

また歳をとると増えるそうです。

洗顔でなくなるものではありませんが、洗顔して綺麗な肌を保つことによって、まつげダニが減っていく効果はあるそうです。