【NHKあさイチ】美容に健康に効果抜群!目からウロコの入浴法(11月26日)

【NHKあさイチ】美容に健康に効果抜群!目からウロコの入浴法(11月26日)

2019年11月26日は「いいふろ」の日。
そこで、寒くなってくるこの季節、美容と健康に大きな効果が期待できる風呂の入り方を特集します。

皆さん、15分以上湯船につかる長風呂や、42度以上のあつ~い風呂、さらには誰よりも早く入るいちばん風呂に好んで入っていませんか?
専門家によると、肌や健康にとっては、どれもオススメできないんだとか。いったいどうして?

では、どんな入り方がいいの?

番組では、専門家オススメの“手抜き風呂”を詳しくご紹介します。

また、風呂はむくみ解消にも効果的。
湯船につかって、あるモノで足のつけ根などをマッサージすると、より効果が期待できるそう。
あるモノとはいったい何でしょうか?

そのほか、免疫力アップにつながる入浴法や、毎日湯船につかる人は要介護のリスクが低い傾向があるという最新の研究結果も紹介します。

入浴法の極意

効果的な入浴方法について、東京都市大学教授・医学博士の早坂信哉さんが教えてくださいます。

健康面で間違ったお風呂の入り方をすると、逆に疲れたり、肌が荒れたりとマイナスのことが多くなってしまうので、要注意!

15分以上の長風呂は肌に悪い

皮膚の表面の各層には、水分を逃さないためのバリア機能(セラミドという成分)があります。

長風呂をすることによって、これが失われてしまうのです。

結果として、皮膚からどんどん水分が逃げて乾燥することになります。

一番風呂は肌に悪い

冬の間は肌が乾燥します。

そこへお湯に含まれている塩素が刺激になってピリピリしたり、かゆみが出たりするのです。

この塩素を減らすのには「うまみ調味料」を入れるといいのだそうです。

主成分がグルタミン酸ナトリウムで、これが塩素と化学反応を起こして塩素のピリピリ感がなくなります。

入れる量は湯船約200リットルに対して、小さじ1杯ほど。

どのくらい塩素が減るか、実際に試したところ1.17ppmから0.08ppmと、9割以上も減りました!

入浴剤に、こういった効果があるものもありますよ。

入浴後、10分以内に保湿ケアを

お風呂に入ると、お肌の水分量は増えますが、その後急速に減ってしまいます。

入浴ご10分もすれば、お風呂に入る前と同じ水分量に戻ってしまうので、潤っている間に保湿をしたほうが良いのです。

10分と言わず、早ければ早いほど良いそうですよ。

浴室の中でケアしても良いそうです。

健康にいい!手抜き風呂

早坂先生おすすめの、健康にいい手抜き風呂の入り方を紹介します。

手抜き風呂の極意①お湯をためる時から風呂にフタをしない

お風呂にはフタをしないほうがいいそうです。

フタを外しておくと、湯気が立ち込めて室内が暖かくなります。

これがヒートショックを防ぐ効果があるからです。

ヒートショックとは急激な温度差で血圧が大きく変動すること。
特に冬場に起こりやすく、失神や心筋梗塞などを引き起こすことがあります。
年間1万9000人が亡くなる原因になっています。

手抜き風呂の極意②湯に浸かるのはほどほどに

合計で10分から15分、40度のお湯がおすすめ。
寒い冬になると、42度くらいに設定して入るかたもいると思いますが、熱いお湯に入ると湯冷めしやすくなってしまいます。
特に冷え性の方は注意しましょう。

手抜き風呂の極意③タオルを使わず素手で洗う

石鹸で体を洗うときは、タオルは使わず、素手で洗うのがおすすめ。

ゴシゴシ洗うと角質層が剥がれてしまい、肌のバリアが失われる原因となります。

顔、首、脇、股のあたり、足先など、皮脂が出やすい場所だけを石けんで洗います。
皮脂があまり出ない他の場所は、湯船に浸かるだけで落ちるそうですよ。

手抜き風呂の極意④浴室の照明はつけない

照明があると目の刺激となり、お風呂のあとの睡眠の妨げとなるからです。

浴室の電気は消し、脱衣室だけ照明をつけておくのもいいですね。

お湯にひたしたタオルを絞り、目の上に載せるのもオススメ。
目の周りの血流が良くなり、眼精疲労にも効果があります。

4・3・2・1入浴法(温冷交代浴)

早坂先生からは、もう一つおすすめの入浴方法がありました。

40度のお風呂に2分間と、30度のシャワー1分間を3回程度くりかえす方法で、「温冷交代浴」と呼ばれます。
(最後は暖かいお湯で終える)

暖かいお湯で血管を広げ、その後やや冷たいお湯で血管を収縮させるのを繰り返すことで、血流をよくし、疲労回復につながると言われています。

むくみに効く入浴法

むくみを取るにはお風呂がおすすめ!

血行が良くなることに加えて、水圧で締め付けられるのが効くんだそう。

湯船に浸かっているだけでも効果がありますが、お風呂の中でマッサージを行えばより効果的です。

脚のむくみを取るマッサージ方法

脚のむくみを取るためには、3つの場所をマッサージしましょう。

それは脚の付け根、膝の裏、脚の裏です。

揉む時のポイントは、手をグーにすること。
もう片方の手は添えるようにして、パン生地をこねるようにもみほぐしていきます。

指で揉むより拳で揉む方が、体の内部に均一に圧がかかりやすいのです。

脚の付け根と膝裏はこれでいいのですが、脚の裏はグーにした拳を、指先から足首へこするようにもみましょう。

末端の血流が良くなると、全身の血流も良くなることが期待できます。

湯船の中でマッサージする時間は、各部位20秒ほどでOK。

お風呂のマッサージを効果的にする道具

created by Rinker
亀の子束子西尾商店(Kamenoko-tawashi)
¥627 (2019/12/15 16:39:31時点 Amazon調べ-詳細)

お風呂でのマッサージを効果的にする道具は「たわし」です。

たわしの大きさが拳に似ているのと、チクチクした感触が効くポイント。

このチクチクが末端の欠陥を広げて、血流をよくする効果があります。

鍼灸でも使われており、「てい鍼(しん)」と呼ばれる、ギザギザのローラーで、鍼が苦手な子供などに使われるそう。

このてい鍼を肌に使うと、毛細血管の血流改善の効果があり、たわしでも同様の効果が得られるそうです。

また大きさが拳に近いのは、均一に押している場所に力をかけることができ、より深いところまで刺激が入るのです。

使い方は、タオルに巻いて使います。

タオルを巻くと、隙間からチクチクが少し出てくるので、ちょうど良い刺激になります。

タオルが一重では痛い場合は、二重、三重に巻いてください。

わずかでもチクチクを感じられれば大丈夫。

たわしを使ったマッサージ方法

脚のマッサージ

タオルで包んだたわしを脚の付け根に当て、パン生地をこねるように20秒ほどもみます。

膝の裏も同じように。

脚の裏は、皮膚が硬いのでたわしで直接こするのがおすすめ。
指先から足首へ向かって20秒ほどこすります。

首のマッサージ

耳の下の、ちょっと骨が出ているあたりにタオルで包んだたわしを当てて、くるくる回します。
10-20秒程度が目安。

耳の下から真ん中の方に、マッサージする場所をだんだんと寄せていきましょう。

これはスマホの使いすぎなどで疲れた首の筋肉を柔らかくしてくれます。

肩のマッサージ

タオルの中心にたわしを置き、タオルをくるくる丸めます。
両手に持ち手があるような感じになります。

たわしの部分を肩に当て、前と後ろでそれぞれタオルの両端を持ちましょう。

その状態で肩をぐるぐると回します。

左右それぞれ10-20回が目安。

腰のマッサージ

肩のマッサージの時と同じ状態にたわしをセットします。

腰にたわしが当たるようにセットして、両手でタオルのはしを掴みます。
そのまま椅子に座って、持たれるようにして、腰をたわしに押し当てましょう。

運動能力や免疫力がアップする入浴法

ヒートショックプロテインを増やす入浴法

ヒートショックプロテインとは、傷ついた細胞を修復する効果があり、運動能力をアップする力があるとされています。

また血液中の白血球を増やす働きやナチュラルキラー細胞を活性化する働きもあり、免疫力アップの効果もあります。

そのヒートショックプロテインを増やす入浴方法があります。

温度は42度くらいと高め、肩までしっかり10分ほど浸かります。

ただし一般的には、心臓などへの負荷が高いのでお勧めできません。

(番組では、プロのアスリートの方が、トレーナーの指示のもとに行っていました)

40度のお風呂でもヒートショックプロテインを作れる!

しかし40度のお湯でも、入浴剤を使ってヒートショックプロテインを作ることができるんです。

それは炭酸ガスが出るタイプの入浴剤

炭酸ガスは、ヒートショックプロテインを作るのに役立ちます。

炭酸ガスが血管に入ると、血液中の二酸化炭素濃度が上がります。
そのため炭酸ガスを早く体外へ排出しようと、血流がアップ。
その結果、体温が早く上昇して、ヒートショックプロテインが作られるのです。

ヒートショックプロテインは、体温が38度くらいになると出てくると言われています。
炭酸ガスのお風呂なら、40度の温度で15分入っていれば、体温38度に達するそうです。

さらに、ヒートショックプロテインを体内に保ち続けるためには、4日に1度程度、炭酸ガスのお風呂に入りましょう。
ヒートショックプロテインは、体内で作られると4日間持続するからだそうです。

逆に毎日や、2日に1度などの頻度で入ると、体がその環境に慣れてしまって、作られにくくなってしまうとのことなので注意しましょう!

さらにお風呂の後、10-15分ほど保温し、温め続けるとより効果的です。

この方法は体がに負担がかかるので、以下のことに注意しましょう。

  • 体調が悪い日はしない
  • 入浴の前後に水分・塩分を補給
  • 心臓疾患のある人は医師に相談する

なおヒートショックプロテインは、この入浴方法をしてから2日後にできるそうです。

最新研究-よくお風呂に入る人は、要介護になりにくい

この研究を行ったのは、千葉大学病院の八木明男さん。

全国14000人を対象に、3年間の健康に関する追跡調査を行いました。

すると、お風呂に入るのが週0-2回の人に比べて、要介護の割合が週3-6回の人で1割減、7回以上の人でおよそ3割減であることがわかりました。

はっきりした要因は不明ですが、リラックス効果があることが高齢者の鬱や認知症に良い影響を与えているのではないか、ということです。