【NHKあさイチ】涼しげリネンの選び方・洗濯機使用もOK!(7月30日)

【NHKあさイチ】涼しげリネンの選び方・洗濯機使用もOK!(7月30日)

2019年7月31日(水)放送NHK『あさイチ』では、リネン素材の特集をしました。

リネン(麻)の特徴は、何と言っても「涼しさ」。

リネンは熱を逃しやすく、触るとヒヤッとする特徴があります。

また水分を吸収する速度は、コットンの3倍以上。

その上、素早く乾くので汗を書いても、さらさらな肌触りが続きます。

リネンの簡単お手入れ術

そんな夏にぴったりのリネンですが、すぐにシワがつきやすく、お手入れがむずかしいですよね。

そこで今回は、プロにお手入れ方法を聞きました。

教えてくださるのは、京都市中京区にあるリネンショップのオーナー、前田まゆみさん。

リネンの服の洗濯方法

まず洗濯方法。洗濯機で洗って良いそうです。

綺麗にたたみ、洗濯ネットに入れます。
その際、ぎゅっと畳まないで、ふわっとした感じでたたみましょう。
ネットは少しゆとりのある大きさを選んでください。

洗剤は、蛍光剤の入っていないおしゃれ着洗い用がオススメ。
蛍光剤は、リネン独特の風合いを傷めてしまうことがあるのだそう。

そしてドライコースなど、優しく洗えるコースを選んでください。

脱水は絶対にダメ!という説もあるのですが、ちゃんとネットに入れたり等、ポイントをおさえれば、脱水も大丈夫なんだそうです。
脱水後には、襟や袖などをしっかり伸ばして干せば、乾燥後はアイロンがいないくらい綺麗な仕上がりになります。

リネンの服のシワが気にある場合は

リネンの服に、どうしても気になるシワがある場合は、霧吹きで湿らせて、アイロンをかければ大丈夫。

生地を傷めないためには、裏側にアイロンをかけるといいですよ。

ただしシワはリネンの魅力の一つなので、シワがあってもいいと考え方を変えてみてもいいかもしれないですね。

リネンの選び方

東京都青山のお店にて、ブランドプレスの滝口和代さんがリネンのシワをアイテムに活かす方法を教えてくださいました。

シワを楽しむアイテム

シワを楽しむには、ストールが入門アイテムとしておすすめ
捻ってくるくるとまとめると、リネンの独特のシワも演出として楽しめます。

シワを楽しむポイントとしては、ギャザー入りのアイテムもおすすめ。

ギャザーのシワの他に、リネンの自然なシワが組み合わせることで、立体感のある風合いがでます。

この時薄い色を選ぶ方が、濃い色を選ぶよりも、陰影がわかりやすくて、シワ感を楽しむことができます。

番組ではベージュっぽい色の、ウエスト周りにギャザーがあるゆったりめのワンピースを紹介していました。

created by Rinker
¥3,132 (2019/08/23 07:37:42時点 楽天市場調べ-詳細)

シワになりにくいリネンを選ぶ

最近では、リネンにコットンなどを合わせた生地が出ています。

コットンが混ざったリネンは、シワがつきづらく、かつリネンの特徴である涼しさを感じられる素材となっています。