【NHKあさイチ】水害時の正しい避難スタイル(6月17日)

2019年6月18日

【NHKあさイチ】水害時の正しい避難スタイル(6月17日)

2019年6月17日(月)NHKあさイチでは、水害時の正しい避難スタイルの特集。

水害時の避難スタイル

今回は警戒レベル4(避難勧告)が出た状態を想定。

15cmほど冠水して、徒歩で自宅から避難場所へ行く場合を考えます。

東京の練馬区にお住いの一家と一緒に考えました。

①靴の選び方

ポイントは3つ。

脱げず、滑らず、踏み抜かず。

万が一避難の途中で深い場所があり、足が沈んでしまうと、長靴の場合は水がいっぱいになってしまいます。

捨ろ重みで足が抜けてしまうので、長靴は非常に脱げやすい靴なのでNG。

ヒールのある長靴、クロックス系も滑りやすくお勧めできません。

マリンシューズは底が薄いので、釘などの危険なものを踏み抜く可能性があるので危険。

気がつかず踏み込んでしまうと、靴を貫いて大怪我をする可能性があります。

できるだけ靴底が頑丈なものを選びましょう。

脱げないのは、紐履。

滑り止めもある、厚底スニーカーがベスト!

②雨具の選び方

両手を開けて、安全を確保することが一番大事。

そしてカッパで一番いいのは、上下が別れた雨具を着るのがベスト。

できるだけ傘は使わず、フードや防水の帽子を被りましょう。

ポンチョや上着だけしかない場合は、長ズボンを履きましょう。

がれきなどで怪我をする可能性があり、肌が出ると危ないためです。

③避難時の持ち物

地震用の避難リュックをお持ちの方も多いですが、荷物が重くなりがち。

このまま避難すると、後ろに転倒して危険なことがあります。

ですので、水害バージョンに変える必要があります。

ポイントは小分けして、ジップロックのような密閉できるビニール袋に入れること。

水害の場合、乾いたタオルや衣服は命綱になるので、濡れないようにします。

また小分けにして、家族みんなで少しずつ運べるようにするといいそうです。