【林修の今でしょ!】顔のこの部分にできたシワには要注意!夏の病気のサインかも(6月18日)

2019年7月4日

【林修の今でしょ!】顔のこの部分にできたシワには要注意!夏の病気のサインかも(6月18日)

2019年6月18日(火)放送の「林修の今でしょ!」2時間SPで取り上げられた、夏の病気のサインについてまとめました。

林先生がもう1度講義を受けたいと熱望した、天才医師、生坂(いくさか)先生が登場!

生坂先生は、一般診療で見つからなかった原因不明の病を見つけ、適切な専門医に紹介するスペシャリストです。

普段誰にでもできる口内炎や体のむくみ…しかし中には大病に繋がる危険な兆候がふくまれていました。

そこで今回は、早期発見に繋がる「夏の病気のサイン」を学んでいきます。

顔のとある部分にできたシワには要注意!心臓病の初期症状かも?

夏は病気のサインを見逃しがち

夏は、体の不調を夏バテと思い込み、病気のサインを見逃しがち。

大きな病は何年も前に病気のサインが現れるようですので、自分の症状を注意深くチェックしましょう。

例えば…

・よく物を落とすようになった→脳腫瘍のサイン
・爪の先に白い斑点ができる→亜鉛不足のサイン

などがあります。

肩こりが示すサイン

肩こりは心臓病かもしれない危険なサインです。

内臓はもともと神経があまり通っていないので、内臓が悪くなると同じ高さにある脊髄が痛むようになっています。

体が成長し、心臓の位置が下がってきたので、心臓が痛いと肩が痛むようになっており、それを関連痛と呼びます。

このように心臓病の初期症状は、関連痛として肩が痛むことがあるのです。

肩こりと関連痛の違いは、肩を動かしてみることでわかります。

動かすと痛みが強くなるなら普通の肩こり、動かしても痛みが変わらないなら、心臓病の可能性が。

シワが示すサイン

シワができる原因は紫外線

紫外線を浴びると角質層が厚くなっていき、乾燥するとシワになります。

そして、耳たぶにできたシワは心臓病の初期症状かもしれない危険なサインとのことでした。

動脈硬化が進むとシワができるのですが、耳たぶは動脈硬化の影響がいち早くでる部分です。

耳たぶは血管の数が特に少ない場所なので、耳たぶにシワがあると心臓病のリスクが3倍に上がるという研究もあるほどです。

青魚のEPAが血流に良いので、2日に1度は青魚を食べると良いでしょう。

紫外線を避けるリスク

ではシワの元になる紫外線を避ければいいじゃないか!ということになりますが、紫外線を全く受けないと、今度は骨が弱くなるという、別のリスクが現れてきます。

紫外線はビタミンDを作る働きがあります。

ビタミンDはカルシウムと一緒に骨を作ることから、紫外線を避けすぎると、骨を弱くする原因に。

顔のシワを予防しながら、ビタミンDを作る方法は、手のひらを使って紫外線を吸収することです。

1日約15分ほど、手のひらを太陽に当てれば、必要な紫外線を浴びることができますよ!

むくみが示すサイン

普通ではないむくみは腎臓病のサインの可能性があります。

寝ている間、足がむくむことはないので、朝の足のむくみは要注意です。

また夕方に出る顔のむくみも要注意。

心臓から水分が排出されていない可能性があります。

むくみのチェック法

むくんだ場所を押しても戻って来ず、10秒ほど凹んだままならむくみと判断します。

すぐに戻ってくるなら、ただの肥満。

塩分を摂りすぎるとむくむことがありますが、こういった普通のむくみは、運動や入浴で余分な水分を汗にして流せば解消できます。

口内炎の示すサイン

最も注意したいのは口内炎。口内炎は口腔がんのサインである可能性もあるようです。

口腔がんとは、口の裏側や舌などにできるがんです。

堀ちえみさんがこのガンになり、話題になりましたね。

口内炎が2週間以上治らない場合、また痛みがない口内炎には要注意です。

がんは痛みという初期症状がないので、痛みのない口内炎も、原因ががんである可能性があります。

見落とさないために毎日のチェックを行い、少しでも違和感を感じたら、お医者様を受診するようにしましょう。

他のテレビ番組のまとめも見てみてください!