【この差って何ですか?】太りやすい・太りにくいスイーツと揚げ物とは?食べたカロリーを帳消しする食材も!【まとめ】(3月19日放送)

【この差って何ですか?】太りやすい・太りにくいスイーツと揚げ物とは?食べたカロリーを帳消しする食材も!【まとめ】(3月19日放送)

2019年3月19日(火)放送の『この差って何ですか?』より、太りやすい・太りにくいスイーツと揚げ物についてまとめました。

同じ番組で紹介されたこちらもどうぞ!

甘いスイーツや揚げ物は食べたいけど、カロリーが高いから太りそう…と躊躇したり、逆にカロリーが低いものなら太らないと思っている方は多いのではないでしょうか?

しかし、カロリーだけを見て太りやすい・太りにくいと考えること自体、ナンセンスだというから驚き!

今回は、モンブランやショートケーキ、みたらし団子やあんみつなど、10種類のスイーツと、トンカツやメンチカツ、アジフライ、鶏の唐揚げといった10種類の揚げ物で太りやすいものと太りにくいもの差を予想します。

和菓子なら大丈夫と思っている人は大間違い!

そしてトンカツは太ると思っている人も大間違い!!

さらに食べたカロリーを帳消しにしてくれる夢の食材も発表。

太りやすいスイーツ・太りにくいスイーツランキング

カロリーで太りやすいか判断するのは間違い。

カロリーが高いからと言って太りやすいわけではなく、カロリーが低いからと言って太りにくいわけではないんです。

そもそも「カロリー」とは、糖質+脂質+たんぱく質のことで、「たんぱく質」は太る原因にはなりません。

むしろ「たんぱく質」は筋肉に変わってくれるため、脂肪を燃焼して痩せやすい大事なものです。

問題となるのは、「糖質」と「脂質」なのです。

今回は以下のスイーツで比べてみます。

  • アイスクリーム
  • あんみつ
  • ショートケーキ
  • 大福
  • チーズケーキ
  • チョコレート
  • ティラミスみたらし団子
  • プリン
  • モンブラン

スイーツカロリーが高いランキング

ではまず、カロリーが高い順に、スイーツを並べてみましょう。
1位 モンブラン
2位 ショートケーキ
3位 チーズケーキ
4位 みたらし団子
5位 ティラミス
6位 あんみつ
7位 チョコレート
8位 大福
9位 アイスクリーム
10位 プリン

スイーツ太りやすい~値ランキング

次は、カロリーに変わる「太りやすい〜値」でランキング。

「太りやすい〜値」とは、「糖質」+「脂質」から、「タンパク質」と「食物繊維」を引いたものです。
1位 みたらし団子
2位 モンブラン
3位 ショートケーキ
4位 チーズケーキ
5位 アイスクリーム
6位 大福
7位 ティラミス
8位 チョコレート
9位 プリン
10位 あんみつ

食べたカロリーを帳消しにしてくれる夢の食材はきな粉

きな粉には食物繊維が豊富に含まれているため、糖質や脂質の吸収を抑えてくれます。

「太りやすい〜値」1位のみたらし団子にかけて食べれば大丈夫!?

どれくらいかければいいかというと、大さじ3杯(約20g)だそうです。

かけられない場合は、きな粉を入れた牛乳を飲めばOK!

太りやすい揚げ物・太りにくい揚げ物ランキング

次は以下の揚げ物で比べてみます。

揚げ物カロリーが高いランキング

1位 トンカツ
2位 メンチカツ
3位 アジフライ
4位 コロッケ
5位 かにクリームコロッケ
6位 鶏の唐揚げ
7位 フライドポテト
8位 アメリカンドッグ
9位 海老の天ぷら
10位 エビフライ

揚げ物太りやすい~値ランキング

1位 アメリカンドッグ
2位 フライドポテト
3位 かにクリームコロッケ
4位 コロッケ
5位 メンチカツ
6位 海老の天ぷら
7位 トンカツ
8位 鶏の唐揚げ
9位 エビフライ
10位 アジフライ

太りにくい揚げ物の中身は、タンパク質が多いものです。

特に最下位のアジフライは、中身のアジがタンパク質であるだけでなく、DHA・EPAという代謝を上げる成分を多く含んでいるからです。

揚げ物は定食スタイルで!

揚げ物は定食スタイルで食べると太りにくくなります。

キャベツは、食物繊維を多く含んでいて、糖質と脂質の吸収を抑えてくれます。

レモンは、クエン酸を含んでいて、これは糖質と脂質をエネルギーに変える作用があります。

なめこの味噌汁のなめこは、食物繊維が多い上に、赤味噌はメラノイジンという糖質の吸収を抑えてくれるそうです。