【ソレダメ】アスパラガスで高血圧を下げる!美味しいレシピも(5月29日)

2019年6月6日

アスパラガス

2019年5月29日(木)放送「ソレダメ!」で特集された、血圧を下げる栄養素を含むアスパラガスの美味しい食べ方などについて、まとめました。

新栄養素が期待!アスパラガスについて

NEWSのまっすーが訪ねたアスパラガス農家は「寺坂農園」さん。

アスパラガスも通信販売していますよ!

北海道民のアスパラひつじ

美唄市で、美味しさを追求したアスパラひつじが育てられている。

アスパラひつじは、臭みが少なく、旨味成分グルタミン酸が突出して多く、旨味が強い。

このアスパラひつじのジンギスカンはとっても美味しいそう!

栄養価の高いアスパラガスの見分け方

アスパラガスにはメスとオスがあります。

メスのアスパラガスは、疲労回復効果があるアスパラギン酸など、ビタミン類が多くなっています。

メスのアスパラガスを選べば、栄養価が高いことになります。

メスとオスを見分けるには、穂先を見ます。

メスの方が穂先が閉まっており、オスは穂先が開いています。

他にも三角形の鱗のような「はかま」が重要。

はかまが正三角形に近い方が、より美味しいのです。

アスパラプチンが高血圧を抑える

アスパラガスのはかまには、すごい栄養素があります。

アスパラプチンという、アスパラガスだけに含まれる新発見の栄養素で、ACEの働きを抑えて、血圧を下げる効果があるといいます。

アスパラガスの賢い保存方法

アスパラガスは、収穫した後も成長を続けます。

そこで成長を止めないと、味が落ちてしまします。

冷蔵庫で保存する際に、立てて保存すると良いんですよ。

横にして保存すると、穂先が起き上がろうとして栄養を使ってしまい、味が落ちてしまうのです。

野菜室よりも、温度が低い冷蔵室の方がよりいいそうです。

ペットボトルの底の方を切り、少し水を入れて冷蔵庫のドアポケットに入れておくといいそうです。

これで1週間は保存がききます。

栄養価が高いアスパラガスの調理方法

アスパラガスの上手な下ごしらえ

下ごしらえの際に、栄養価の高いはかまは残しておくようにしましょう。

また、茹でる時に栄養を無駄にしないようにオリーブオイルを入れます。

アスパラガスの栄養素は水に溶けやすいのですが、お湯にオリーブオイルを入れることで、コーティングすることができるのです。

お湯2リットルに対し、オイル大さじ1が目安です。

さらにオリーブオイルには、野菜の栄養素を効率的に吸収するのをたすける働きがあります。

アスパラガスの茹で方は、沸かしたお湯に根元の方だけ先に30秒くらい、お湯に入れ、その後穂先まで入れて3分ほど茹でます。

美味しいアスパラガスのベーコン巻きレシピ

アスパラガスのベーコン巻きは、食べ合わせもいいです。

女性に嬉しい栄養効果があり、ベーコンに含まれるタンパク質とビタミンB12は貧血予防の効果があります。

茹でたアスパラガスにベーコンを巻き、フライパンで焦げ目がつくまで焼いたら完成!

アスパラガスの浅漬けレシピ

アスパラギン酸の疲労回復効果と、夏場に失いがちな塩分を補給できます。

作り方は以下の通り。

  1. 生のアスパラガスの、根元の硬い部分の皮をピーラーでむきます。
  2. 塩を振ってもみます。(まな板の上で転がす)
  3. 手でアスパラガスを適当に折り、保存袋に入れるだけ。
    手で折ることで、味が染み込みやすくなります。

アスパラいももちレシピ

作り方は以下の通り。

  1. 皮をむいたジャガイモ4個を茹でて潰します。
  2. そこにバター10g、茹でたアスパラガスのミジン切り2本分、かたくり粉70gを加え、よく混ぜます。
  3. 最後にチーズを包み丸めたら、油とバターを引いたフライパンでよく焼きます。

ジャガイモはビタミンCを、アスパラガスはビタミンA,C,Eがあり、これらは抗酸化作用た高く、美肌効果抜群!