【名医のTHE太鼓判まとめ】お肉ダイエット!お肉を食べて肥満&悪玉コレステロール撃退

2019年5月12日

【名医のTHE太鼓判まとめ】お肉ダイエット!お肉を食べて肥満&悪玉コレステロール撃退

2019年3月11日放送の『名医のTHE太鼓判』で紹介された「肉ダイエット」をご紹介します。

お肉を上手に食べることで、体重を減らすことだけでなく、中性脂肪や悪玉コレステロールを撃退するという奇跡のダイエット方法とは?

お肉ダイエットとは

created by Rinker
¥1,950 (2019/05/23 09:30:12時点 Amazon調べ-詳細)

指導はダイエット外来のお医者さまである工藤孝文先生です。

お肉ダイエットとは「お肉を食べることで痩せる」ことです。

お肉は太るのでは?というイメージがありますよね。

でも食べ方を変えれば、ダイエットになるんです!

どちらもお肉大好きという女優の中山忍さんと、信江勇さん。

でも中山さんは標準的な体重ですが、信江さんは太っています。

この違いはどこにあるのでしょう?

それは食べる順番!

中山さんは、お肉を先に食べていたのに対して、信江さんはお肉とご飯を一緒に食べていました。

お肉を先に食べるミートファーストがダイエットになるんです!

近年、ベジタブルファーストという言葉がダイエットではやりました。。

これは野菜を先に食べることで太りにくくするというものでしたが、実はお肉を先に食べた方がダイエットにはより効果的なことが分かりました。

ミートファーストの特徴

ミートファーストの特徴は、

  • 血糖値の上昇を抑制する
  • 脂肪を燃焼させる

といったふたつが挙げられます。

インクレチンが血糖値の上昇を抑える

血糖値が急上昇すると、インスリンが分泌されます。

これが糖と結合することで脂肪となり、肥満の原因のひとつとなると言われています。

お肉を食べると、小腸から血糖値を抑制する「インクレチン」という物質が分泌されます。

実際にミートファーストとベジタブルファーストによる、血糖値の変動を調査したところ、ベジタブルファーストの食後血糖値は132でしたが、ミートファーストは105にという結果になりました。

特に食事量の少ない高齢者や女性は先に野菜を食べてしまうとそれだけでお腹いっぱいになってしまい、上手にたんぱく質を取ることができなることがあります。

先にお肉を食べることで筋肉や骨を作る効果があるたんぱく質を上手に摂取し、栄養価も上昇するとのこと。

L-カルニチンが脂肪を燃焼させる

お肉にはL-カルニチンという成分が含まれており、これが脂肪燃焼を助けてくれます。

筋肉の中には、脂肪を燃焼させるミトコンドリアがあります。

ここに脂肪を運ぶ役目をするのが、「L-カルニチン」です。

つまりL-カルニチンが多いと、そのぶん脂肪を燃焼する手助けをしてくれる、と言えます。

お肉の中では、牛肉が最もL-カルニチンの含有量が多く、鶏肉の約4倍もあります。

特に赤身の中に豊富に含まれているのでオススメ。

お肉ダイエットのやり方

お肉ダイエットを行う上で大切なポイントは、

  1. 朝食・夕食は何を食べても良い
  2. 赤身肉(150g)を8割ほど何よりも先に食べる
  3. その後は炭水化物を食べて良い

たったこれだけ!

女優の信江勇さんが、一週間のお肉ダイエットにチャレンジしました。

体重は96.9Kg→89.2Kg(-7.7Kg)
体脂肪率54.1%→52.7%(-1.4%)
ウエスト122cm→115cm(-7cm)

のダイエットに成功!

信江さんはミートファーストにすることによって、満腹中枢を刺激。

腹持ちが良くなったことでご飯の量が減ったと考えられます。

結果、内臓脂肪が減ってウエストが細くなったのです。

ミートファーストで痩せる理由

お肉のタンパク質

お肉は主にタンパク質でできていますが、このタンパク質には満足感を与えて、食欲を抑える効果があるのです。

信江さんのように、腹持ちが良くなって、ご飯の量が減らせる効果があります。

噛む回数が増える

噛む回数が増えると、こんなメリットがあります。

  1. 満腹中枢を刺激
  2. 内臓脂肪を燃焼
  3. ストレス食いを予防

お肉ダイエットは中性脂肪も減らす!

大納言光子さん(33歳)は、中性脂肪が155mg/dLあり、これは基準を超えています。

今回、肉ダイエットにチャレンジして、夜はステーキを食べまくっていました。

噛む回数が増えて、満足感を味わえるように。

体重は80.5Kg→76.6Kg(-3.9Kg)
体脂肪率42.8%→41.3%(-1.5%)
中性脂肪が155mg/dL→53mg/dL(-102mg/dL)

のダイエットに成功!

くまりえさん(35)は、ミートファーストだけでなく、特製ドレッシングを使ったのも高ポイント。

大根おろし、梅干し、炒りごまを混ぜて作ったドレッシングに、お肉をつけて食べました。

大根おろしは、新陳代謝を促して血流をよくするので、ダイエットに効果ありなのです。

体重は76.2Kg→72.8Kg(-3.4Kg)
体脂肪率41.8%→39.7%(-2.1%)
中性脂肪が155mg/dL→53mg/dL(-102mg/dL)

のダイエットに成功!

豚肉で悪玉コレステロールを撃退

は血中の悪玉コレステロールが増えると、動脈硬化を引き起こす原因となります。

女性は50歳以降は、女性ホルモンが低下することにより、動脈硬化が進みやすく、心筋梗塞のリスクを高めます。

この悪玉コレステロールを減らすお肉は豚肉

豚肉は血中の悪玉コレステロールのみを減らすオレイン酸という成分が豊富に含まれています。

同じくオレイン酸を多く含むオリーブオイルとかけて「歩くオリーブオイル」と言われるほどです。

オリーブオイルは大さじ1杯でオレイン酸を約9g含むのに対し、豚肉は100gで14gほど含まれています。

他にもステアリン酸やリノール酸など、コレステロールを下げる成分が多く、69%も含まれるのです。(牛肉は63%)

味にも差が出て、オレイン酸が多いと甘みが増し、口どけがよく美味しく感じます。

悪玉コレステロール撃退の最強メニューとは?

それは豚汁

オレイン酸を含んだ油が24.6gも摂取できます。

しゃぶしゃぶ19.9g、ポークソテー12gに比べて、随分多い量ですね。

汁に溶け出した脂も、汁ごと飲んで、オレイン酸を効果的に摂取できるんです。

豚肉生活一週間チャレンジ

渡部絵美さん(59)は、一週間豚肉を食べる生活にチャレンジ。

方法は、三食のうち一食を豚肉料理にします。調理方法は自由で、100 〜150gほどの量を食べます。

この一週間チャレンジをした渡部さんは、当初、基準値を超えた147mg/dLだった悪玉コレステロール値を、基準値内の96mg/dLまで下げました!

また他にも3人の主婦がチャレンジ。

奈部川さん(58)は199mg/dL→131mg/dL、

高橋さん(60)は163mg/dL→123mg/dL、

米持さん(54)は144mg/dL→137mg/dL

と全員、数値が改善されました。