「実践式片づけノートBOOK」チャレンジ8日目【風呂場】

2018年11月3日

「実践式片づけノートBOOK」チャレンジ8日目【風呂場】

21日間で部屋がきれいになって人生が変わる! 実践式片づけノート BOOK 」という本を購入し、本のサブタイトルにあるように「21日間で部屋が綺麗になって人生が変わる!」のかチャレンジしています。
初めから読みたい方はこちらからどうぞ。

チャレンジ8日目は「風呂場」に挑戦です。

とうとうしっかり掃除したーー!という感じになりました。
普段は浴槽と排水口しか掃除しないので、シャンプーボトルなどが置いてある辺りはカビっぽいものもあって・・・
掃除しないと、と思いながら放置してたのです。

お風呂掃除はとってもスッキリ気持ちいい

お掃除のポイントはこちら。

  • 入浴グッズを取り出して洗う
  • 洗い場、バスタブの汚れを取る
  • 排水口の汚れを取り除く

お風呂の掃除、したらめちゃスッキリしました!白さが光り輝いて見えるし、達成感もあるし、気持ち良かった。どれだけ掃除サボってたの、という感じですね。
汗をいっぱいかいた後にお風呂に入って体を洗うのと同じ気持ち良さです。

お風呂は水をザーザーと流して、汚れも水と一緒に流れていくので、掃除しやすい場所だなと感じました。
だから、えいや!と始めてしまえば、割と楽しく掃除できます。

問題はそのヤル気をどうやって出すか。

しかしその前に、ヤル気を出して掃除しなければいけないほど、汚れを溜めるのがいけないんだ!

ということに気づきました。
一回キレイにした後、それをキープできないんです。ダイエットと同じですね。
ここに私の欠点があるんでしょう。
心理的なものか、テクニック的なものが足りないのか・・・

トイレ掃除と同じ方法を試そう

そこではたと気付きました。
苦手だったトイレ掃除は、今は比較的にキレイに保っています。それは

作業を細切れにして、少しずつやる

ことにしたからでした。
では、お風呂掃除でもそれをやればいいだけの話ですよね。
どこが一番汚れていたかというと、シャンプーとリンスを載せている金属の棚と、その下の床。
それから鏡の前にある小物を置ける台のスペース。
だからこれらをお風呂に入るたびに、気づいたら洗うようにしてみます。