「実践式片づけノートBOOK」チャレンジ11日目【窓、ベランダ】

2018年12月3日

「実践式片づけノートBOOK」チャレンジ11日目【窓、ベランダ】

21日間で部屋がきれいになって人生が変わる! 実践式片づけノート BOOK 」という本を購入し、本のサブタイトルにあるように「21日間で部屋が綺麗になって人生が変わる!」のかチャレンジしています。
初めから読みたい方はこちらからどうぞ。

チャレンジ11日目は「窓、ベランダ」に挑戦です。

空気を入れ替えるだけで気持ちが軽くなる

お掃除のポイントはこちら。

  • 窓を開ける
  • 窓ガラスを磨く
  • ベランダのゴミや不用品を処分する

この記事を書いている今は11月で、秋ももう終盤に近づき、冬の足音が聞こえて来る頃です。
つまり、寒い、です。

でも掃除のためにガラリと窓を開けると、すごく気分がいいです!
特に我が家はマンションで気密性が高いので、空気が滞りがち。
積極的に空気の入れ替えをしていこうと思いました。

空気の循環を止めてしまうと、考え方や物事が停滞しがちになるそうです。
ブログを書いていると、時にどうしても詰まってしまって、次の言葉が出ないことがあります。
そんな時も空気の入れ替え、きっと役に立つ気がします。

窓を掃除したら明るくなった!

窓って、皆さんはどのくらいの頻度で掃除されていますか?
私、全く掃除してないんです。
マンションの高層階にいるんですけど、周りに建物がほとんどなくて、
窓が汚くても誰にもわからないからいいかなぁ・・・と。

しかしこのワークをやるために、重い腰をあげて窓を拭いてみました!
すると窓から入る光が増えて、部屋全体が明るい雰囲気になったのです。
(どんだけ汚れてたの、、、)

窓は目につかないから後回しにしがちなんですが、やってみるとそんなに労力がかからず
部屋が明るくなるので、私のようなズボラさんは一度やってみることをオススメします。

ベランダの掃除は雨上がりに!

ベランダも一時、排水溝に土がたまりコケなのか?緑色になるというひどい状態でした。
これに関しては主人が見かねて、今年の夏休みに掃除してくれました・・・。

それ以降はその状態をキープしようとたまに掃除しています。
私にとってのベランダ掃除の弱点は「排水溝が汚くなること」です。
汚れを落とすのに水を使いたいのですが、庭と違ってベランダは水道がないんですよね。
いちいち運ぶのがめんどくさくて掃除をしないという、ズボラならではの理由。

それを解決したのは「雨上がりに掃除」です。
雨上がりにベランダに出ると、当然のことながら濡れています。
これなら改めて水を流す必要がないので、おもむろにデッキブラシでゴシゴシすれば掃除完了です。
雨の降り方が少ないと水も少ないので、その場合は汚れを流すための水が最後に必要ですが・・・
今年の夏〜秋は雨が多かったような気がするので、この方法がうまくいっています。

まとめ

窓を拭いて、ベランダは掃除しないまでも不用品を片付けると、とっても気持ちがリフレッシュします。
気持ちだけではなく、部屋の中が実際に明るくなるんですね。

他に本には「癒し目的で植物を買うと枯れる理由」があって、ふむふむと面白く読ませていただきました。
私はすぐに植物を枯らしてしまうので、そもそも植物を育ててません。
本によると、心の余裕がないということになります。その前に興味の問題も大きそうな気がしますけど。