「実践式片づけノートBOOK」チャレンジ15日目【リビング】

2018年12月17日

「実践式片づけノートBOOK」チャレンジ15日目【リビング】

21日間で部屋がきれいになって人生が変わる! 実践式片づけノート BOOK 」という本を購入し、本のサブタイトルにあるように「21日間で部屋が綺麗になって人生が変わる!」のかチャレンジしています。
初めから読みたい方はこちらからどうぞ。

さあ、いよいよ最終週の第3週に入ってきました。
初日のチャレンジ15日目は「リビング」に挑戦です。

「何となく」で物を置かないようにする

お掃除のポイントはこちら。

  • 何となく置いてある物をチェックする
  • 家電製品のホコリを取る
  • テーブルの上を拭く

やること自体はシンプルで簡単ですね。
しかしこの片付けを通して、置き場所の定まっていないものがあることに気づくことができます。

置き場所が定まっていないために、戻るところがなくて、リビングに置きっ放しになってしまう。

そんな悪循環に気づいて、置き場所をしっかり決めると、リビングの雑然さが少しはなくなる気がします。
我が家の場合は「新しく家に入ったアイテム」が、リビングに置かれがち。

例えば、いただきもののふりかけ。
我が家ではふりかけを使う習慣がないので、しまう場所を決めてなくて、リビングの机に置きっ放し。
(リビングとダイニングを兼ねているので、食事もリビングです)
子供の作った謎の工作。
新しく買ったサプリ。
そんなものがちょこちょこテーブルに置きっ放しになります。

置き場所を決めてあげて、さらにそこに戻す習慣を身につけないといけないですね。

リビングには家庭内の平和が表れる

本の中に「家庭内の平和が表れる」とありました。
確かにその通りだと思います。

リビングは家族が集まって、みんなでくつろぐ場所です。
そこが散らかっていると、何だか落ち着かないですよね。
我が家はローテーブルのため、地面とテーブルが近く、ついつい床に物を置きがちです。
そこから乱れが始まるので、なるべく床に物はおかない、
何か床に物を置いてしまったら、作業が終わり次第早く片付けるということを意識しています。

我が家の場合は部屋に入った時に、まず一番に目に付くのがリビングです。
そこを片付けておくと(とりあえず物を目につかないところに移動するだけでも)会社から帰宅した夫が「部屋がキレイ」と感じるようです。

やはり家族の心境にも影響を与えるように思うので、リビングはとにかく余計なものを持ち込んだままにしておかないように、気をつけていきたいと思います。