「実践式片づけノートBOOK」チャレンジ19日目【収納スペース】

「実践式片づけノートBOOK」チャレンジ19日目【収納スペース】

21日間で部屋がきれいになって人生が変わる! 実践式片づけノート BOOK 」という本を購入し、本のサブタイトルにあるように「21日間で部屋が綺麗になって人生が変わる!」のかチャレンジしています。
初めから読みたい方はこちらからどうぞ。

チャレンジ19日目は「収納スペース」に挑戦です。

物が減れば減るほど、生き方がシンプルに

お掃除のポイントはこちら。

  • 収納スペースを確認する
  • 保管してある物が本当に必要かを確かめる
  • 本当に必要な物だけを戻す

今回の片付けは、サブタイトルに「物が減れば減るほど、生き方がシンプルに」とついています。

不要なものを溜めがちな収納スペース。

ここを見つめ直して、物をいかに減らしていくか!

これは片付け下手な人の、永遠の悩みな気がします。

ここ何年か流行っている、物を持たないミニマムな暮らしに憧れます。

思い出すのはこちらの本。テレビドラマ化もされました。

こちらの本を初めて読んだときは、衝撃的でした。

何も持たないで暮らす、著者のゆるりまいさんは、もともと汚部屋の住人だったというから驚きです。

なぜそんな彼女が急にものを持たない生活になったかというと、東日本大震災です。

そのくらい大きな衝撃がないとダメなのかな・・・と思いつつ、捨てきれない物を前に考え込んでしまいました。
(考えてないで、手を動かせ、と)

とりあえず今回は、収納スペースに使っていない服が結構ありましたので、45Lのゴミ袋1つ分ですが、服を捨てました。

あとはジム用の服が多くて、今回は捨てられず、ちょっと考えないとなーと思いました。

本当に欲しいものか、買う前に考える

悩む女性

ワークの一つに、衝動買いについて振り返るものがありました。

本当に欲しいものか、買う前に考えてみましょう、と。

衝動買いには何かパターンがあるかもしれません。

私もパターンがあります。

しかし衝動買いよりも、もっと重要なことがありました。

もらい物をしてしまうことと、それが悪くて捨てられないことですね・・・

この辺り、どう気持ちに決着をつけたらいいのか、今後時間をかけて考えていかないといけません。