糖質制限成功の秘訣はズバリ!「MEC食」にありました

2019年4月12日

糖質制限成功の秘訣はズバリ!「MEC食」にありました

以前、糖質制限ダイエットで成功した私ですが、最初はつまずきました。
ちゃんと糖質は抜いていて、カロリーも控えめにしているはずなのに体重が減らない。
おまけにめちゃくちゃお腹が空いて、豆腐を1パック食べたのに(豆腐は糖質制限的にOK食材)まだ何か食べたい。

・・・何か間違っているのでは?

そこで糖質制限のやり方を調べなおすことにしました。
そして出会ったのが

MEC食

だったのです。
これも糖質制限の一種ですが、この考え方に従うことにより、その後スルスルと体重が落ち始めたのでした。

MECとは一体何か

「MEC」とは、Meat(肉)、Egg(卵)、Cheese(チーズ)の頭文字を取って並べたものです。
一言で言えば、「肉、卵、チーズ中心に食べる糖質制限ダイエット」となります。
沖縄のこくらクリニック院長、渡辺信幸先生が提唱されました。

食べる目安は肉は1日200グラム。卵は最低3個。チーズは120グラム
あくまで目安であって、これでお腹が空く人はこれ以上食べてもいいと先生はおっしゃっています。
一応「上限はありません」。

食事内容と同等に「一口につき30回噛む」ことが必要です。
別名「カムカムダイエット」とも呼ぶそうです。

興味のある方は、以下の先生の著書を一読されることをオススメします。
ちょっと特殊な食事法になりますから、しっかり理解して納得された方がいいですよね。
本の中には、どうしてMECがいいのかというエビデンスをもとに説明がされています。

ただ、基本のやり方は上に書いた量の肉卵チーズを食べる、一口30回噛む、この2点だけのシンプルダイエットです。

MEC食を始めたら体重が落ちた

痩せるだけではなく健康にもいいとあったので、当時原因不明の激しい疲れに悩んでいた私は強くひかれました。
そこで、ちょっとびっくりする方法と思いつつ、MEC食にチャレンジしてみたのです。
するとあら不思議、体重がスルスルと落ち始めたではありませんか!

MEC食にした時の体重グラフ

MEC食のポイントは?

実際に自分がやってみて思うMEC食のポイントは、やっぱり「よく噛む」ことなんだと思います。
一口30回噛むのを、次のご飯でやってみてください。

噛めないですよ。

30回噛む前に途中で飲み込んでいる自分がいませんか?
っていうか、30回噛む前にぐずぐずになって噛む事できなくなりませんか?

肉、卵、チーズの食事はかみごたえがあって、
30回しっかり噛みながら食べると、少ない量でも満腹になります。
先生が指定する量より少なくても大丈夫な時もありました。

そして、この食事は高タンパク質、高脂肪なので満足感があり、それが続きます。
糖質が多い食事はどうしてもお腹がすぐ空いてしまうので、それがとても辛く感じます。
空腹感を感じにくいというのも、MEC食のポイントでしょう。
(これは糖質制限ダイエット全般に言えることでもありますね)

MEC食は太るのではないか?

MEC食を始めたらむしろ太った、という口コミをちらほら見かけました。
私も始める前は「肉とチーズ食べまくったら太るよねぇ?」と思いましたもの。

でも決して肉、卵、チーズを食べまくる食事法ではありません
この方法では、あらかじめ食事の基本量が決まっています。
(肉は1日200グラム。卵は最低3個。チーズは120グラム)
そして、大体このくらいに収まるはずなんです。
個々の体格や好み等々で多少は前後するのでしょう。

混乱を招くのは、これが絶対に守るべき量ではない、というところなんですね。
基本量は、提唱者の渡辺先生が覚えやすいように、とキリがよく目安になるものがある重量ということで決められたようです。
肉の200グラムはステーキ1枚、チーズは雪印6Pチーズ1パックです。
単なる目安ですので、食べたければこれ以上食べても構わないということになっています。

なので、結構バクバク食べちゃう方がいるみたいですね。

そりゃ、これだけカロリー高いもの爆食いしたら太りますわ!

「えっ、だって、先生がいくら食べてもいいって本に書いてる・・・」とおっしゃるかもしれませんが、基本は「摂取カロリー>消費カロリー=太る」です。
食べ過ぎたら痩せるどころか太ります。

食べ過ぎてしまう人は「一口30回しっかり噛む」ができてないのではないでしょうか。
しっかり噛むとかなり満足感がありますし、かえって太るほど食べるようなことはないと思うのです。

具体的な食事例

では具体的に私がどのような食事をしてきたか紹介しますね。

朝:卵、ベーコン、チーズを使ったスクランブルエッグ(全部混ぜてレンジでチンしただけ)

スクランブルエッグ材料
昼:牛肉ステーキ
ステーキの代わりに豚ばら肉ともやしを茹でて、ゴマだれをつけて食べることもありました。
【牛肉ステーキ200gはこれくらい】
牛肉ステーキ200g

プレーンヨーグルトとカッテージチーズと生クリームを混ぜて、甘味にエリスリトールを加えたもの
カッテージチーズはクリームチーズにすることもありましたが、味的にカッテージチーズの方が好き。
【ヨーグルト110gとカッテージチーズ50gはこんな感じ】
ヨーグルトとカッテージチーズ
間食:チーズ、ゆで卵、アボカドのうちから好きなもの
夜:家族のために作った食事から、肉のものだけ食べる
(例えば肉じゃがなら、ジャガイモやニンジンは食べないで肉だけ)

実際のところは朝、昼、夜をきっちり分けなかったことも多かった記憶があります。
朝は抜いて、昼にまとめてどかーーん!と食べておしまい。
そして夕食も食べずに口さみしくなったチーズをパクリ、というパターンだったが多かったでしょうか。

MECで良かったこと、悪かったこと

MECでやって良かったと思うこと、メリット

勢いよく体重が落ちた

先に述べたことの繰り返しですが、体重がストーン!と落ちるきっかけになったことが一番ですね。
今までにないくらい初期の体重の落ち方がすごかったです。

空腹感が少ない

糖質制限を始めた時は、よくわからずに豆腐と魚メインに食べていました。
するとお腹が空いて空いて仕方なかったです。
しかしMEC食は比較的空腹感が少なく、辛い思いをしなかったのがとてもありがたかったですね。

好きなものが食べられる

私は肉、卵、チーズが大好きだったので、存分に食べられるのは夢のようでした!

MECでやって悪かったと思うこと、デメリット

便秘がひどかった

これは何よりも便秘がひどかった、これが一番です。
渡辺先生は、野菜は肉より消化が悪い、だから便秘になる・・・とおっしゃっています。
確かに肉は消化がいいです。でもいくら消化がいいと言っても、肉だけだと確実に便秘になります!

ひょっとしたら体質など個人差があるのかもしれません。
少なくとも私は便秘になりました。他にもそういう方がいると思います。

便通は毎日あることもありましたが、大抵は2〜3日に1回、
鹿のフンのような、コロコロして固くて丸いのが出てきます。
それが固くて痛いのなんの・・・

消化が良くて、カスになる部分が少ないからこうなるんですかね?
わからないけど、この状態が一生続くのはちょっと嫌だなあって思っていました。

食事の時間がかかるし、噛むのが面倒

一口につき30回噛むというのがポイントとはわかっているんですが、実際やると結構面倒です。
ちゃんとできていたか?と問われると、正直、完璧にはできていませんでした。
食事の時間がかかるのも大変でした。
ステーキなんかはかみごたえもあっていいんですけど、肉の味がなくなってきちゃって。
早く飲み込みたいなーなんて思いながらくちゃくちゃしていると、食事の楽しみが減る感じなんです。

飽きる

食事のバラエティがないので、何ヶ月も続けているとさすがに飽きます。
ダイエットをしていると、食べる機会が少ないので食事の時間は楽しみの一つです。
でもそれが飽きてくると楽しみとは言えなくなってしまうのがちょっと残念でした。

まとめ

MEC食はずっと続けたわけではありませんでした。
2ヶ月くらい集中的にこの食事にして、その後普通の糖質制限に移行しています。
でも糖質制限ダイエットを始める時の良いブースターになったと感じています。
初期にガタッと体重が落ちたことが、その後もダイエットを続けるためのモチベーションとなりました。

MECを知る前は「糖質を取らなければいいんでしょ?」と茹でたもやしに豆腐を乗せて、ポン酢(あっ、ちょっと糖質多めですね)をかけて食べまくる、みたいなことをしてダイエットをスタートさせました。
今までカロリー制限のダイエットしかしてこなかったので、いきなりお肉をモリモリ食べるようなことは怖くてできなかったんですね。

でもそれだとカロリー、栄養が少な過ぎて体調を崩しかねません。
食べても食べてもお腹が空いて苦しくて、大変な思いをしてしまいます。
しかし、MEC食はタンパク質と脂質をしっかり摂ります。
すると糖質メインの食事よりも、空腹を感じにくいんですね。

またこのタンパク質が体のもとをしっかり作ってくれるので、
今までジャンクフードや糖質に偏り過ぎた食生活を送ってきた人には、健康にダイエットできると思います。
あとは逆にカロリー制限をし過ぎて、代謝が落ちてなかなか体重が減らない方にも試してもらいたいです。

しかし、野菜をとらない生活を長く続けると便秘になる可能性もありますし、栄養の偏りが心配です。
私は純粋にMEC食のみにするよりは、MEC食メインにしっかりタンパク質を取った上で、バランスよく色々な食事をした方がいいと思っています。