糖質制限中でも回転寿司に行きたい!糖質量一覧【スシロー編】

糖質制限中でも回転寿司に行きたい!糖質量一覧【スシロー編】

糖質制限中でも回転寿司に行きたい方のために、人気回転寿司チェーン「スシロー」のメニューの糖質量を調べました。

残念ながら、スシローではメニューに糖質量の記載がなく、カロリーのみとなっています。

そこで同じ回転寿司チェーンで、糖質量(正確には炭水化物量のみですが)を公表している「かっぱ寿司」の値を元に、推定値を出しています。

ですので、以下の一覧表は「スシロー」の主なメニューの糖質量に関しては参考程度に、ご覧ください。

カロリーも書いてありますが、こちらは公式サイトに載っている数値です。
普通にダイエットしている方も、参考にしてくださいね。

糖質が低い順に上から並んでいて、各項目はメニュー名、糖質、カロリーの順で書いています。

「スシロー」の主なメニューの糖質量

握り

(糖質量は推定値です)

  • とろサーモン10.2g 97kcal
  • まぐろ 10.6g 80kcal
  • はまち 10g 111kcal
  • 甘海老 11.8g 65kcal
  • えび 11.3g 72kcal
  • ほたて 12.1g 70kcal
  • いか 12.7g 70kcal
  • サーモン 14.4g 95kcal
  • 玉子 16.4g 119kcal
  • 季節のいなり 21.3g 156kcal

軍艦

(糖質量は推定値です)

  • いくら 14.2g 70kcal
  • カニ風サラダ 14.2g 148kcal
  • とろねぎ 18.1g 83kcal

巻物

(糖質量は推定値です)

  • 手巻き納豆 20g 108kcal
  • 鉄火巻き 30.4g 160kcal
  • かっぱ巻き 31.4g 139kcal

サイドメニュー

(糖質量は推定値です)

  • 茶碗蒸し 2.1g 72kcal
  • あさりの赤だし 3.8g 73kcal
  • のりの味噌汁 赤だし 5.3g 41kcal
  • あさりの味噌汁 5.3g 66kcal
  • のりの味噌汁 米みそ 6.8g 44kcal
  • 枝豆 7.3g 111kcal
  • だし巻き玉子 7.6g 80kcal
  • とり唐揚げ 16.4g 394kcal

デザート

(糖質量は推定値です)

  • ニューヨークチーズケーキ 7〜12g 112kcal
  • ミルクレープ 20g 211kcal
  • 懐かしのメロンシャーベット 24g 97kcal
  • 大学いも 25〜30g 156kcal
  • 練乳いちごパフェ 35〜40g 283kcal
  • チョコムースバナナパフェ 40〜45g 263kcal

スシローでは何を食べるのがオススメ?

握りはネタがお魚であれば、糖質に大きな違いはありません。(魚に糖質はあまり含まれてない)

カロリーを気にするのであれば、貝類やイカタコあたりは、ややカロリーが低めになります。

サイドメニューでおすすめなのは茶碗蒸し、味噌汁系

これはどこの回転寿司でも同じですね。

これに加えて、サラダも通常はオススメなんですが、スシローの場合は、現時点では「キビナゴサラダ」しかなく、このキビナゴがフライになっているので、ちょっと避けたいところかもしれません。

もしも許されるなら、お寿司を食べずに茶碗蒸し、サラダ、味噌汁系をずっと食べていれば安心です。

あとはだし巻き玉子と枝豆も許容範囲かなぁ、と思います。

スシローで糖質の高いメニューは?

寿司はできるだけ食べない方がいいですよね、本当は。

だけどそれではお話にならないので、寿司の中でも特にやめた方がいいものを挙げてみましょう。

スシローに限らず、回転寿司において巻き寿司は避けた方がいいですね。

ご飯の量が多くて、糖質が高いです。30g前後もありますよ。

手巻き納豆の糖質が低いのは、コンビニで売っているようなタイプの巻き寿司だからです。

一本しかなく、量も若干少な目なようです。

握りの場合は卵は避けた方がいいですね。卵焼きに砂糖が入っているせいか、糖質が高めです。

そしていなり寿司はもってのほかです。

サイドメニューにはうどんやラーメンがありますが当然NGです。ポテトフライもだめですね。

デザートもできれば食べない方がいいでしょう。
特にパフェ系は手を出さないのが得策。

どうしても!というのであれば、ニューヨークチーズケーキが比較的糖質が少ないと推測されます。

というのも、ニューヨークチーズケーキは、ベイクドチーズケーキの仲間ですが、小麦粉をあまり使わないのです。

ボトムに敷くビスケットに使われる程度。
なので、これがどのくらい多いかによって、糖質量が変わってくるのです。

実際に見てないので、なんとも言えないのですが…カロリーもそんなに高くなくて、小さめのケーキと予想されますから、あまり糖質が多くないと想像しています。

食べる順番にも気をつけよう!

お寿司のシャリは白米と砂糖が入っていますが、この二つとも血糖値が上がりやすい食材です。
糖質制限において、急激な血糖値の上昇は避けなければいけません。

そこでまずは最初に血糖値の上がりづらいもの、つまり糖質が少ない食品を食べましょう
それが胃の中で、その後に食べるお寿司の糖質のブロック的な役割をしてくれます。

具体的には「茶碗蒸し、サラダ、味噌汁系」です。
ここをまず最初にオーダーして胃の中に収めてから、お寿司を食べるようにしましょう。

ゆっくり噛んで食べれば、少ない貫数でも満足できると思います。