ダイエット開始時にZOZOスーツで記録した【実測データとの比較あり】

2019年2月6日

ZOZOスーツがボディサイズ測定に便利でした

ダイエットを開始する際に、体重だけでなく体の様々な部分のサイズも計測しておくと、ダイエットが進むにつれ便利になりますね。
体重が変わってなくてもサイズダウンしていることはあり、体重の落ちない停滞期に励みになるかもしれません。
私は他人に見えない体重よりも、見た目が引き締まることの方が大事だと思っています。
だから特にボディサイズ測定は重要事項です。
でもメジャーで一々計測するのもめんどくさいんですよね。

そこで思いついたのがZOZOスーツを使ってボディサイズを測ること!

ZOZOスーツを注文したよ!

2018年6月3日に注文。ZOZOTOWNのアプリから簡単に注文できました。
スーツ自体は無料ですが、送料に200円かかります。人気のため発送に時間がかかっており、注文の時点ではお届け予定が7月下旬の予定となっていて、実際に発送されたのは8月1日でした。
発送までに2ヶ月待ったことになります。

到着したのは真夏ということもあり、着てみると暑くて暑くて大変。頑張って着用し、アプリで早速撮影したのですが、途中でスマホが電池切れを起こして失敗。疲れてそのまま放置してしまいました。

ZOZO スーツを着てサイズを計測しました

せっかく届いたのに、その後使わなかったZOZOスーツ。
2ヶ月が過ぎてダイエットを始めることになり、サイズ計測のためスーツを再度着用してみることに。
もう秋ですので暑さも辛くなく、スマホもフル充電で挑んだので、すんなり数分で計測ができました。
このスマホによる読み取りがなかなかうまくいかないケースもネット上には散見されたので、何のトラブルもなく終わったのはラッキーだったのかもしれません。

ちなみにスマホの充電はフル充電から70%くらいに減っていたので、ものすごく充電を消費するようです。(私のスマホのだけかもしれませんが。ちなみにiPhone6sです)気をつけてくださいね。

これが私の3Dデータだ!


太くて恥ずかしいですが大公開。下半身デブなのがはっきりとわかりますね。
でも笑っちゃうくらい、鏡で見る自分の体型とそっくりで本当にビックリしました。

実測データと比較してもあまり差がなかった

しかしこの ZOZOスーツ、ネットでは結構マイナス評価を受けている様子。
アプリの計測がなかなかできない上に、実際の数値との差が開いているとのこと。

そこでめんどくさいですが、メジャーでも測ってみて、数値の違いを比べてみました。

ZOZOスーツ メジャーで計測
バスト 82.7cm 82.7cm
ウエスト 70.5cm 74.6cm
ヒップ 92.3cm 91.8cm
太もも 58cm 54cm
ふくらはぎ 35.2cm 34.5cm
足首 20.7cm 21.4cm

ウエストに大きな違いがありますねー。
これはちょっと服をオーダーする時には致命的かも?!

太もももだいぶ違いますが、これは計測場所が違うためです。
ZOZOスーツは太もも付け根を計測しているようですが、私は付け根から7-8センチのところに白斑があり、それを目印に計測しています。以前からそのように計測していて、ついそのように測ってしまいました。

まとめ

多少実寸とは違いますが、ざっくり自分のデータを掴む分には問題ないかな、と感じました。首や腕は一人では測れないので、その部分のサイズを計測するには便利です。

また3Dモデルで眺める自分の体型は下半身デブさ加減がよくわかるので、客観的に見ることができて良い反省の材料になります。

メジャーで測るのがめんどくさいからとやってみましたが、スーツを着てアプリで計測するのもそれなりに時間がかかります。よって最初に考えていた、めんどくささの軽減や時間短縮には繋がらないかも。
ただ立ってくるくる回るだけで複数のボディサイズを測定してくれ、数値をメモする必要もなく、記録してくれるのは便利です。

数値はあくまで参考程度ですが、3Dでボディモデルが見られるのがとても楽しいので、今後もまた使おうと思いました!