【スッキリ】89歳現役インストラクター・タキミカ(瀧島未香)さんのカラダを作る暮らし方とは(11月30日)

2021年4月13日

【スッキリ】89歳現役インストラクター・タキミカ(瀧島未香)さんのカラダを作る暮らし方とは(11月30日)

2020年11月30日(月)に「スッキリ」にて特集「肉体美!89歳現役インストラクターの生活」をまとめました。

先日も特集された、89歳の現役インストラクター、通称「タキミカ」こと、瀧島未香さん

65歳から運動を始めたにもかかわらず、柔軟性も筋力も体感もそのすべてが桁外れ!!

  • 1931年生まれ
  • 65歳 ジムに通い、運動を始める
  • 79歳 パーソナルトレーニングに通う
  • 87歳 インストラクターに就任

SNSでも「年齢を言い訳にできない」「リスペクトしかない」など大反響。

そんなタキミカさんが普段どんな運動をしているのか、どんな食生活をしているのか、密着取材のまとめです。

タキミカさんの一日

毎朝約8kmのウォーキングとジョギング

午前4時に土手に行って、軽くストレッチをしたらまずはウォーキング。(1時間・約3km)
といってもかなりのスピードです。

ただ歩くだけでなく、手の振り方は、なるべく前ではなくて肩甲骨を意識して、後ろに振ることを意識しましょう。

歩かないと歩けなくなるので、20分でいいから歩いてほしい、とのこと。

その次に1時間のジョギングを行います。(4km)

さらに15分かけて、後ろ歩きをします。(1km)

体力に余裕があるときは、縄跳びもします。(NiziUの縄跳びダンスも披露していました)

タキミカさんの午前中の食事と運動

午前7時に朝食作り。

89歳現役インストラクター・タキミカ(瀧島未香)さんの朝食

たくさん食べますね!タンパク質がしっかりとられているのがよくわかります。

朝は必ずコップ一杯の豆乳を飲むそうです。

午前11時には、リビングでオンラインレッスン。

リビングには何も物が置いてありません。
運動をすると、テーブルなどに体がぶつかるので、すべて捨ててしまったそうです。

代わりにおいてあるのは、ヨガマット、ダンベル、チューブ。



タキミカさんの午後の食事と運動

お昼ご飯は、バナナと飲み物だけ。
食べ過ぎると午後の運動ができないからだそうです。

お昼ご飯後の空いた時間に、掃除など家事を済ませていました。

午後3時に、生徒としてパーソナルトレーニングを受講。(月2回)
かなりきつそうなメニューをこなして、40分5種類のトレーニングを終えました。

タキミカさんの夜の食事と運動

午後5時に晩御飯

89歳現役インストラクター・タキミカ(瀧島未香)さんの夕食
89歳現役インストラクター・タキミカ(瀧島未香)さんの夕食

毎日栄養たっぷりの献立を考えて、自炊しています。

朝食同様、たんぱく質がしっかりとメニューに入っています。

ご飯がありませんが、白米は食べたい時に食べるのが、タキミカ流。
この日は食べたいときではなかったんですね。

またお酒は、夕食時に日本酒やワインを2杯飲むことにしています。

飲み終わった焼酎の4Lボトルは、水を入れてダンベルとして有効活用!!

入浴後は15分のストレッチ。

午後11時に就寝。

タキミカさんのポリシー

運動を続ける理由は、自分の健康維持のためだけが目的ではありません。

毎日一生懸命筋トレをしたり、走ったりすれば、100歳になってもこのままでいられるかもしれない。

そんな自分を見て「え?100歳?こんなに元気なんだ。よし、あきらめないで私もやろう!」って人が出てくるかもしれない。

そうなったらうれしいとおっしゃっていました。

アンチエイジングではなくて「パワーエイジング」という言葉を、タキミカさんはよく使ってらっしゃいます。