【たけしの家庭の医学】腰痛の新原因は下半身の衰え?!タオルで簡単脳トレで治す(6月11日)

【たけしの家庭の医学】腰痛は腰以外に原因が!?タオルで簡単脳トレで治す(6月11日

2019年6月11日(火)の『名医とつながる!たけしの家庭の医学』で紹介された腰痛を治す方法です。

高齢になってからおこる腰痛の新原因が判明したそうですが、その原因を知る方法は?

また筋トレいらずで腰痛改善!名医おすすめの脳トレーニングとは?

腰痛の新原因とは?

腰痛の新原因を持つ可能性があるかどうか調べる、3つの問診です。

健康な方もやってみて下さい。

  • 問診①柱やタンスなどに足をぶつけるようになった
  • 問診②靴や靴下を履くのが遅くなった
  • 問診③以前より人にぶつかるなど、人混みが苦手になった

一つでも該当すると、腰痛の新原因を持つ可能性ありです!

腰痛がない方も、将来発症する危険性があるのでご注意を。

従来の腰痛の原因とは

背骨の間のクッション、椎間板が飛び出して神経を圧迫するヘルニアや、脊髄が収まる管が狭くなる脊柱管狭窄症などが知られています。

しかし、原因が特定できるのは全体のわずか15%。

今日紹介するのは、残り85%に含まれる新しい原因です。

新しい原因の腰痛は下半身の筋肉の衰え

教えてくれるのは、腰痛のスペシャリストである国立長寿医療研究センター整形外科部長 酒井義人先生

若い頃は腰痛がなかったという方が、年を取ってから、特に60歳以上になって腰痛が出てきた場合、さらに原因が不明の場合は腰痛の新原因の可能性があります。

人間は60歳くらいを境に全身の筋肉が衰え始めます。

特に、一番人間の体の中で筋肉が多い、下半身の筋肉から衰えます。

この筋肉は大きいため、衰えも早くなっています。

この加齢による下半身の筋肉の衰えが、腰痛の新原因なのです!

筋肉が衰えると、筋肉の中に含まれる、身体のバランスを保つセンサーも衰えはじめます。

すると人間はバランスを保つために、上半身に負担をかけるようになるのです。

この時、働きが弱くなった下半身と、頑張って働く上半身にはされ希て一番負担がかかるのが、腰。

足踏みチェックで原因をチェック!

足踏みチェックで、下半身のセンサーの働きが正常かどうかをチェックできます。

ある一点(基点)に立ち、その場で目隠しをして100回足踏みをするだけ。

目隠しにはアイマスクを着用し、太ももはなるべく高く上げます。

センサーが衰えている人は、バランスが崩れているため、最初の基点から1m以上ずれるのです。

足上げ角度チェックでセンサーの衰えがわかる

下半身センサーが衰えていないか、家庭でも簡単にわかる「足上げ角度チェック」を紹介します。

やり方は以下の通り。

  1. 椅子に座って、右足を前にあげます。
  2. 目を閉じて、左足と右足と同じ角度にあげます。
  3. この時左右の足がぴったり同じ角度に上がれば、センサーは正常。
    少しでもずれたら、センサーが衰えている可能性大。

腰痛を改善する脳トレ

筋肉の衰えを復活させるのは、高齢者の場合はなかなかできません。

しかしセンサーの衰えは、センサーから送られる情報を受信する脳のトレーニングで補うことができます。

そこで、脳トレによって腰痛改善の可能性があるんです。

その脳トレとは「ぴったりステップ」です。

やり方は以下の通り。

  1. 家にあるタオルや紐など、対で2つあるものを用意します。
  2. まず床に1つ目のタオルを置き、タオルの淵に足のかかとを合わせて立ちます。
  3. そして一歩踏み出しましょう。
  4. 踏み出した爪先に合わせて、もう一つのタオルをおけばセッテイングは完了。
  5. 再び元の位置に戻って、3と同じく足を踏み出します。
    この時、4で置いたタオルの淵に爪先がぴったり合うように行いましょう。
    踏み出した足がタオルを踏んだり、タオルに届かなかったりすぐのはNG。
  6. 右から左へ一回踏み出したら、振り返って左から右へ2回目。
    これを10回繰り返して1セットとします。
    時間はいつでも構いませんが、1日に5セット行いましょう。

2週間の脳トレで腰痛は改善する?

番組では72歳の女性がこの脳トレに2週間チャレンジ。

最初は10段階で5程度だった痛みが、2までに下がり、そんなに痛く感じなくなったとのこと。

わずかな期間のトレーニングでしっかりと改善されたようです。