【ソレダメ】3秒ルールはホントだった!?健康にまつわるウワサ、ウソホント8連発(5月29日)

2019年5月29日(木)放送「ソレダメ!」で特集された、健康にまつわる噂のウソ、ホントについて、まとめました。

健康にまつわる噂のウソ、ホント8連発!

ウワサ①暗い場所で本を読むと視力が落ちる

深作先生によると、このウワサはウソです!

暗いところで瞳を開きづつけていると、目の筋肉に負担がかかります。

すると目が疲れてしまい、ソレが視力が落ちたと勘違いするのです。

また遠くを見ると、目が良くなるという噂がありますが、これもウソです!

ただし、目の疲れを取ることはできますよ。

ウワサ②毛を剃ると濃くなる?

須賀康先生によると、このウワサはウソです!

濃くなるのではなく、太く見えるだけ。

伸びている毛は、先端は細く根元は太い状態です。

これをカミソリなどで毛を剃ると、根元の太い部分をカットすることになります。

その断面が毛先よりも太く見え、濃くなったと錯覚するのです。

特にスネ毛は毛も太いタメ、この勘違いが多いのです。

ウワサ③バカは風邪をひかない

このウワサはホントです。

バカを楽観的と解釈すれば、医学的根拠があります。

楽観的でよく笑う人の体を見てみると、体内で白血球が活発になり、免疫力が下がりにくいのです。

ウワサ④骨折すると骨が強くなる

太田博明博士によると、このウワサはウソです!

骨折すると、一時的に骨芽細胞によって骨が太くなります。

骨芽細胞は、骨折した部分を修復する細胞。

この太くなった状態を強くなったと勘違いしますが、骨折した部分が治る頃には、元に戻っています。

ウワサ⑤寝言に話しかけてはいけない

加藤俊徳先生によると、このウワサはホントです。

就寝時の脳は、ストレスを和らげ、健康維持のため、情報の整理整頓をしています。

その時に話しかけてしまうと、その情報整理が乱れ、脳に余計な負担がかかってしまうのです。

この状態が続くと、睡眠が途絶えて起きやすくなり、ひどくなると睡眠障害のほか、うつ病にもなりやすいんです!

ウワサ⑥イライラするのはカルシウム不足のせい

このウワサはウソです!

このウワサが広まった発端は、1970年代に起きたオイルショックや高度経済成長の終焉と、魚中心の食生活から肉中心生活に変わった、食の欧米化が重なったことによるもの。

ストレス社会と、カルシウム摂取量の減少時期が重なり、ウワサが広まったのです。

カルシウムではなく、イライラを解消するのはチーズやナッツ類がおすすめ。

脳のイライラを解消する物質、セロトニン生成に欠かせないのがトリプトファンという物質。

トリプトファンを多く含むのが、チーズやナッツ類なのです。

ウワサ⑦朝食を抜くと太る

このウワサはホントです。

朝食をとっている人と、無しの人の細胞を比べます。

朝目覚めた時は、両方とも体温は低い状態。

しかし朝食をとった細胞は、体温をあげることができてエネルギーが燃えます。

すると体の脂肪も燃えてくれます。

一方、朝食をとっていない細胞は体温が上がらず、脂肪が燃焼されないのです。

ウワサ⑧落とした飴、3秒までならOK

このウワサはホントです。

イギリスのアストン大学が発表した研究結果で、食べ物を地面に落としても、3秒以内なら細菌が付着しないことがわかりました。

ただし表面が乾いているものだけに限られるので、水分を含む食べ物はダメです。