「実践式片づけノートBOOK」チャレンジ4日目【玄関】

2018年11月3日

「実践式片づけノートBOOK」チャレンジ4日目【玄関】

21日間で部屋がきれいになって人生が変わる! 実践式片づけノート BOOK 」という本を購入し、本のサブタイトルにあるように「21日間で部屋が綺麗になって人生が変わる!」のかチャレンジしています。初めから読みたい方はこちらからどうぞ。
チャレンジ4日目は「玄関」に挑戦です。

こちらも3日目のトイレ同様、狭いスペースで完結します。
では早速いってみましょう。

大きな靴箱、とても大事です

お掃除のポイントはこちら。

  • 靴をしまう
  • 余計なものを取り除く
  • たたきを拭く

我が家の玄関は備え付けの大きな靴箱(に使える小部屋)があります。靴以外にも物がしまえるので、掃除機をしまっています。掃除機を出す場所が玄関になるので、必ず掃除します。
掃除の際に靴も邪魔なので、ささっとしまいます。普段から靴は自分の分くらいしか出ていません。日曜の夜は家族の靴が散乱していますが。

そんな感じで、玄関も綺麗なことが多いです。
でもたたきを拭くのはついつい忘れがちなんですよね。今回掃除をしてみて習慣づけたいなあ、と思いました。めんどくさがらないように除菌ウェットティッシュを置くことにしました。トイレと同じ考え方です。
さらに大きな鏡があるのですが、これも手垢がついていました。ウェットティッシュとあわせて、お掃除クロスをおくことにしました。

こんな感じであっさり終わりました。でも以前の家だったらこんな簡単にはいかなかったと思います。
靴箱が小さくて靴がしまえなかったし、靴箱の上にも箱を置いてものを入れていました。玄関で使うもの・・・冬ならイヤーマフや手袋、夏なら虫除けスプレーとか。
子供が小さい頃はベビーカーもありました。本当にキレイにならなくてイライラした記憶があります。

玄関をキレイにするには、収容場所がそれなりにないと無理だなぁと痛感します。

玄関のきれいさは「自己管理能力」と比例する

掃除が終わったらワークを行います。
玄関のきれいさは「自己管理能力」と比例する、と著者の伊藤さんはおっしゃっています。

確かに私は自己管理が割と得意な方です。周りのコンディショニングに左右されることが少なく、自分のいい調子をキープできています。

このまま玄関のキレイさもキープしていきたいです。