【この差って何ですか?まとめ】ドラッグストアで買う洗剤やトイレットペーパーの差とは?上を向いて飲んではいけない薬も!(5月28日)

ドラッグストアの店内

2019年5月28日(火)放送『この差って何ですか?』では、ドラッグストアにまつわる差を取り上げます。

医薬品はもちろん、日用品から生鮮食品まで、多くの商品を取り扱うドラッグストア。

商品の種類が多く、どれを購入していいのか分からず、なんとなくの好みで選んでいる…という人が多いのではないでしょうか。

実は、歯ブラシの毛の硬さや形の差、固形入浴剤と液体入浴剤の差、液体洗剤と粉末洗剤の差、トイレットペーパーのダブルとシングルの差には、すべて意味があり、それぞれ用途や効果効能に明確な差があるのです。

例えば、洗剤。
泥汚れを落としたいなら粉末洗剤のほうがおすすめで、◯◯汚れを落としたいなら液体洗剤…意外と知らない身近な「差」を、サイエンスお姉さんこと五十嵐美樹さんが解説してくださいます。

さらに、多くの人が間違いがちな薬の飲み方の差もひも解いていきます。
多くの人が薬を飲む際、上を向いて水で一気に流し込んでいると思いますが、実は「粉薬」「錠剤」「カプセル剤」の中に、上を向いて飲んではいけない薬があるそうです!

トイレットペーパーのダブルとシングルの差

トイレットペーパー

トイレットペーパーのシングルは芯管に巻かれている紙が1枚で、ダブルはティシュペーパーのように2枚重ねになっているものです。

一般的に、シングルは経済的に使いたい方に、ダブルは吸水性や、やわらかさをお求めの方に適しています。

全国家庭用薄葉紙工業組合連合会の調査によると、1回の使用量はシングルの場合で小便時で89cm、大便時で177cm。ダブルの場合は、小便時で60cm、大便時で146cmという結果が出ています。

番組で調べたところ、シングル派100人は平均170cm、ダブル派100人は140cmと出ました。

シングルの1ロールは60cmなので、約35回使えることになります。

一方ダブルは1ロールは30cmなので、約21回使えることになります。

ですので、シングルの方がダブルよりお得という結果になりました!

歯ブラシの毛の硬さや形の差

歯ブラシ

歯茎の状態によって、以下のような歯ブラシがおすすめです。

歯茎が弱っている人は柔らかめ、歯茎が健康な人は普通か、かためを選びましょう。

できれば歯ブラシは複数本を使い分けるのがおすすめ。

40年以上この使い分けをしているのが、70歳超えても、現役バリバリの女優さんが梶芽衣子さん72歳。

内臓関係や偏頭痛が全部治ったそうです。

歯ブラシ8本を使い分けて、20分かけて磨いているんです。

  • 全体的に磨く一般的な歯ブラシ
  • ヘッドの小さいもので、奥歯を磨く歯ブラシ
  • 歯と歯の間の汚れを掻き出す先が尖った歯ブラシ
  • 歯間ブラシ3種類(L、M、SS、隙間の大きさにあわせて)

ここまで使わなくても、複数の歯ブラシを使うことはとてもいいことだそうです。

 

固形入浴剤と液体入浴剤の差

入浴剤

固形入浴剤は疲れを取りたいときに

お風呂に入れるとブクブクと泡立ってお湯に溶ける錠剤タイプの入浴剤は、溶け込んだ炭酸ガスが皮膚から吸収されて血管を拡げるため、血流量がアップして新陳代謝を促進。

体内の老廃物や疲労物質の排出を促し、肩こり改善の効果や一日の疲れをやわらげます。

液体入浴剤は湯冷めしにくい

液体タイプの入浴剤は、ミネラル類が多く含まれているので、湯冷めしにくい効果があります。

ミネラル類は、肌の表面のタンパク質と結合して、お肌に膜を作ってくれるのです。

液体洗剤と粉末洗剤の差

洗剤と洗濯物

それぞれに得意な汚れがあります。

液体洗剤が得意な汚れ

液体洗剤は、汗と匂いとともに、皮脂よごれを落とすのを得意としています。

界面活性剤にその秘密があり、これは皮脂汚れにくっつく性質があります。

そこに水がやってくると、衣類から皮脂汚れを剥がしてくれるというわけ。

粉末洗剤が得意の汚れ

粉末洗剤は、洗浄力が非常に高く、食べこぼしなどだけでなく、泥汚れまで落とすことができます。

アルカリ剤にその秘密があり、強力なマイナスイオンが、泥の中のプラスイオンを惹きつける力があります。

残ったマイナスイオンはお互いに反発し合うので、泥汚れをバラバラにします。

それを水で流すというわけ。

間違っている薬の飲み方の差

色々な種類の薬

食後の薬は食後でなくても良い?

食後に服用する、と書かれている薬がありますよね。

何かを食べてから飲まなければならないと思っていませんか?

実はそんなことはなく、薬が進化しているため、空腹時に飲んでも胃が荒れることはありません。

でも今でも食後と書いてある薬がありますよね。

それは薬を飲み忘れないようにするためなんです!

薬をまとめて飲むのはNG?

薬を飲み忘れた時に、次回にまとめて飲むのはいけません。

もし飲み忘れたら、一度に飲む容量は必ず守りましょう。

上を向いてはいけない薬の種類がある

粉薬、錠剤、カプセルの中で、上を向いて飲まない方がいい薬があります。

それはカプセル

ポイントは薬が水に浮くかどうか。

粉薬と錠剤は水に沈みますが、カプセルは浮きます。

カプセルの薬を水と一緒に飲もうとすると、カプセルが口の中で水に浮きます。

すると飲んだ時に水だけ先に流れてしまい、カプセルが喉に貼りついて、そこを荒らしてしまう恐れがあります。

また上を向くと、気管の入り口が普段より開くため、カプセルが誤って気管に入ってしまうことも。

ではカプセルはどうやって飲めばいいかというと、下向きで飲むといいんだそう。

下向きになると、気管が閉じる上、水に浮いたカプセルが口の奥まで流れ込むので、うまく飲み込むことができます。

風邪薬と栄養ドリンクは一緒に飲まない

風邪薬と栄養ドリンクを一緒に飲むのはNGです。

ドリンクに含まれているカフェインに問題あり。

もともと風邪薬には、カフェインが含まれていることが多く、一緒に飲むとカフェインの取りすぎになってしまいます。

そこで頭痛などの副作用が起こる恐れがあるんです。

だからカフェインを含んだお茶やコーヒーで飲むのもNG。

基本的に薬は水で飲むようにしましょう。(白湯もOK)

ただし水といっても、市販のミネラルウォーターには注意。

硬水タイプのミネラルウォーターは、含まれているミネラル成分が多いので、場合によっては薬が吸収されてないことがあるんです。

お酒も薬と一緒に飲むのはやめましょう。

一緒に飲むと、どちらも肝臓で分解されるので、肝臓に負担がかかってしまいます。

目薬を冷蔵庫で保存するのはNG

万が一、目薬が凍結してしまうと、成分が損なわれてしまいます。

日の当たらない、常温の場所で保存するようにしてください。

また目薬には、使用期限が書いてありますが、これは未開封の使用期限です。

開封してしまった後には適用されないので、早めに使い切りましょう。